ヨーロッパ第1グループ(ゲルマン語系 ドイツ・オーストリア・スイス・ベルギー・オランダ)

スイス担当コンシェルジュ
青空の下に花畑が広がる春、雄大な山を背景に大自然の中でのハイキングは日が長い夏がぴったり、秋の柔らかい日差しに照らされ黄金に染まる紅葉、美しい銀世界に魅せられる冬。スイスはどの季節に訪れても、その時々で違った景色を見せてくれます。
氷河・ベルニナ急行、登山鉄道でゆくスイス鉄道の旅、中世の町並みが残る石畳の街の散策、ワイン産地のぶどう畑が広がるレマン湖畔にはローザンヌやモントルーといった趣きのある街とワイン農家が集まる小さな村。
チーズフォンデュとワインと供に、スイスはいつでも旅行者を迎え入れてくれます。


Ms.M.Takao ー コンシェルジュ ー 
ここが魅力
スイス一番の魅力は大自然!雄々しく聳える山を前すると、日々の悩みや迷いは大したことではない!と、全てを認め、自分という個を認めてくれる、そんな気持ちになります。そして、アルプスから流れる水は本当に綺麗。山の稜線、湖に映る澄んだ空の色、緑の峠を抜ける列車。壮大なパノラマ風景を体で感じることができます。山の素朴な小さな村々、中世の雰囲漂う石畳の旧市街がや路地が美しい街、チーズ・ヨーグルトなど乳製品の美味しさと種類の多さ、どれをとってもスイスはヨーロッパ一番です。

私のおすすめ
ベルナーオーバーラント地方やヴァリス地方の村に連泊して、気ままにのんびり過ごすこと。ラフな計画だけ立てておき、登山鉄道の途中の駅で降りてみたり、近くの滝を見に行ったり。スイスは春夏秋冬どの季節も楽しめるので、安いオフシーズンの時期にシャレー泊まりをしてみるのもおススメです。

忘れられない体験
ロイカーバートの温泉に入った後、ほんの少しのお酒で回ってしまい、食事中に座ったまま数分気を失ってしまったこと。だんだんと意識が戻ってきた時のレストラン天井の模様、忘れませんxxx(お酒弱いんです) とはいえ、水着で入るロイカーバートの屋内&屋外温泉はレジャープールみたいにいろんな種類があり、お子様とも一緒に楽しめるファミリータイプの温泉です。ご家族で是非!

マイヒストリー
ドイツ語専攻。大学時代に一年間ドイツ・ビーレフェルト大学に留学。 小さな頃から映画や音楽でドイツ語圏の文化(ドイツ、スイス、オーストリア)に興味を持つ。 ドイツ滞在中は、友人が運転するトラバントと鉄道でポーランドからスタートしドイツを囲む国々を旅する。スイスに入ると一気に山深い風景とどこまでも続きエメラルド色の川と湖にすっかり魅せられました。 帰国後、ドイツ系旅行会社を経て、在日ドイツ政府観光局で主にマーケティングに従事。拠点を移すため一旦退職後、翻訳業のかたわら役所や銀行勤務などを経て、再び東京に戻り旅行業界へ。埼玉県出身。
総合旅程管理主任者、デスティネーション・スペシャリスト、スイス観光局ツーリズムプロモーションセミナー修了
Ms.S.Haraga ー コンシェルジュ ー 
ここが魅力
多くの方が想像するように、スイスと言えば圧倒的な大自然。聳え立つ山。 コンクリートジャングル東京で生活する私たちにとってスイスは、まさにリフレッシュ・リラックスの場所です。美しい景色を見て、美味しい空気を吸って、ハイキングで体を動かして、夜は大きな星空を見上げる・・・そんな贅沢な時間を過ごせるのがスイスです。
さあ、次のお休みには、心の栄養を蓄えにいきませんか?

私のおすすめ
スイスでは特に何もしなくていいのです。登山列車に乗って車窓から自然を眺めているだけで、その大自然の力強さに感激し、パワーをもらいます。ホテルの窓からぼんやりと、聳え立つ山を眺めているだけで、心が洗われる気持ちになります。本格的な山登りではなく気の向くままに散策をするだけで、小さな可愛い野草に出会い、季節の移ろいを感じます。ふらりと町を歩けば、人々の素朴なあたたかさや優しさに触れることができます。
いるだけで心地よい国、それがスイスです。

忘れられない体験
バックパックで貧乏旅行をしていた学生時代、とある雑誌で「干草にくるまれて眠るユースホステル」のことを知りました。干草のベッド・・・まさにハイジ!泊まりたい!すぐさまホステルにメールをし、予約完了。ユースホステルといっても実際は家族経営のペンションのような可愛らしいところで、嬉しい事に滞在中の宿泊客は私と友人の2人だけ。山の中腹に建つ山小屋チックなお部屋に干草のベッド(一応敷き毛布や掛け布団はおいてあります)、広がる大自然と星空、そして朝ごはんには奥さんの焼き立てパンや手作りチーズ・・・、心躍る“ハイジの世界”を大満喫しました。
(ちなみに干草のベッドの寝心地は・・・ちくちくかゆかったです。考えればそうですね。)

マイヒストリー
沼津生まれの愛知県育ち。山と海に囲まれた立地に魅了され、大学は神戸へ。理系から文転し、大学院をあわせて計7年間の大学生活の中では、ドイツを拠点に何度もヨーロッパへ個人旅行しました。“行きたい衝動”に忠実に、そして、“そこでしか出会えない景色”や“その時にしかできない体験”に貪欲に...十数回の個人旅行で得たものはすべて大切な宝物です。ドイツ系個人輸入商社勤務を経て旅行会社へ。
神戸大学大学院文学研究科(ドイツ文学)修了(文学修士)
総合旅行業務取扱管理者 デスティネーション・スペシャリスト(ドイツ) 学芸員資格
Ms. A. Miura ー コンシェルジュ ー 
ここが魅力
スイスの魅力と言えば、やっぱり壮大な大自然。空気が澄んでいて、心が洗われる気がします。そして、大自然が人々の心を豊かにするかのように、人々は素朴で温かく、ホスピタリティに溢れています。
歴史ある美しい街並みと雄大な自然、美味しいチーズ料理にワインなど、身も心も癒される魅力たっぷりの素敵な国です♪

私のおすすめ
おすすめは、アルプスの大自然を走り抜ける登山鉄道。次々と目に映る美しい山々と大自然は、まるでアルプスの少女ハイジの世界です。
そして、スイスの魅力である大自然を満喫するにはお天気は重要。お天気によって行先やハイキングルートを変更できるように、何日か滞在できるスケジュールを組むといいですね。

忘れられない体験
ウィーン留学中に知り合ったスイス人のお友達の実家に招待してもらったことがあります。大自然に囲まれたフランス語圏の田舎町で、湖で泳いだり、ヨットに乗せてもらったり(今思えば裕福な家庭の子だったのでしょうか)、友人宅のお庭で本場のラクレットをご馳走になったり・・・。旅行ではできない貴重な体験をさせてもらいました。

マイヒストリー
大学でドイツ語を専攻し、一年間オーストリア・ウィーン大学に留学。 在学中は、アジアやヨーロッパを中心に、夜行バスやユースホステルを利用するバックパッカーとして様々な国を訪れました。 卒業後は、ドイツ系メーカー、在日オーストリア大使館商務部にて勤務後、海外で働く夢を叶えるため、渡独。 現地の日系商社にて9年間働いたのち、帰国してユーレックスにて勤務開始。
千葉県出身 上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業 ウィーン大学留学
総合旅程管理主任者 ワインエキスパート取得
Ms. M. Sugiyama ー コンシェルジュ ー 
ここが魅力
ドイツ留学中にヨーロッパ各国を旅行しましたが、「絶対にもう一度行きたい!」と1番強く思ったのはスイスだったかもしれません。 湖と山に囲まれた街々は文句なしに美しく、どこを歩いてもまるでマイナスイオンを浴びているように空気が澄んでいます。都会の雑踏や日々の忙しさを忘れて、癒されるにはスイスはとてもおすすめの国。 ユングフラウやマッターホルンの迫力ある山並みと、雄大な大自然は一生に一度は見てみたい景色です。

私のおすすめ
スイスの首都ベルン。中世ヨーロッパ都市の姿が残る街並みが美しく、旧市街は世界遺産に登録されています。古くて大きな時計塔や、路上にある大きなチェス、出会う景色一つひとつが素敵で、ここが首都とは思えないほど、静かで美しい街並みに感動しました。

忘れられない体験
ドイツ留学中に、スイスへ旅行した時のこと。チューリッヒ中央駅でスイス在住の友人と待ち合わせしていたのですが、なんとその友達が日にちを間違えており、探せど探せど見つからない・・・。連絡もつかないので、とりあえず駅のベンチでしばらく待つことに。友人に会えないことも不安でしたが、それ以上に、そのとき駅で買った水の値段に、スイスの物価の高さを実感し、驚いたのを覚えています・・・(笑)結局、その後、友人とは無事合流することができ、次の日からは旅行を満喫できました。そんなハプニングも今となってはいい思い出です。

マイヒストリー
岐阜県出身。大学でドイツ語を専攻し、一年間ドイツゲッティンゲン大学に留学。一年間のドイツ留学で美味しいビールに魅了され、卒業後、ビール会社の営業として働く。ドイツへの想いが再燃し、転職してユーレックスへ。
東京外国語大学 欧米第一課程 ドイツ語専攻卒業、ゲッティンゲン大学留学
ビール検定2級、ワインコンシェルジュ取得
Ms.N.Konishi ー コンシェルジュ ー 

マイヒストリー
歴史ある街並みと伝統、豊かな芸術… すっかりヨーロッパの魅力に取りつかれ、学生時代は1年間ドイツのボン大学へ交換留学、数回の長期滞在中にヨーロッパを旅行する。日本とヨーロッパを行き来する生活を継続中。
福井県出身 筑波大学卒業(心理学専攻) ボン大学(交換留学)

山以外も素晴らしいMr.I.Murashita ー コンシェルジュ ー 
ここが魅力
スイスといえばアルプス。…だけではございません。小さな町にも風情があり、のんびりできるのが魅力的です。

私のおすすめ
ライン川沿いには小さいながらもステキな町が多くあります。アクセスも悪くはなく、手軽に足を延ばすことが出来ますよ。

忘れられない体験
絵画に出てきそうな風景が自分の目で見られるということは幸せな事ですね。今でも目を閉じればその姿が思い起こされます。

マイヒストリー
日本の大学を卒業し、ドイツで8年間滞在。その間に考えられるドイツの観光地を巡りました。ドイツ語通訳案内士。もちろん隣国のスイスには何度も足を運びました。
オーダーメイドツアー"

The latest News
スイス旅行・ツアー ブログ
チョコレートトレインでスイスを味わう♪ (Part 2)

チョコレートトレインでスイスを味わう♪ (Part 2)

前回に引き続き、モントルー発のエクスカーション「チョコレートトレイン」についてご紹介します。 前回の記事はこちら↓ チョコレートトレインでスイスを味わう♪ (Part 1) さて、チーズ工場見学の後は、...

チョコレートトレインでスイスを味わう♪ (Part 1) チョコレートトレインでスイスを味わう♪ (Part 1)
スイスの国民的飲料「リヴェラ」とは・・・

スイスの国民的飲料「リヴェラ」とは・・・

「Rivella(リヴェラ)」という飲み物をご存知でしょうか。 スイスを訪れたことのある方なら、レストランの飲み物メニューで目にしたことがあるのではないでしょうか。 目にしたことがあるも...

スイスが誇るパノラマ列車 *ベルニナ・エクスプレス*

28 Oct.2017
 スイスが誇るパノラマ列車の1つベルニナ・エクスプレス。 スイス最古の町ともいわれるグラウビュンデン州の州都クール(Chur)からイタリアのティラーノ(Tirano)までを結ぶ路線です。メインとなるルート...
ルツェルン湖クルーズで優雅な時間を🎵 ルツェルン湖クルーズで優雅な時間を🎵
 


すべてのツアーを見る
ヨーロッパを深く旅をする ユーロエクスプレス
オーダーメイドツアー"
Let's socialize




iata/jata
 03-6261-6437
株式会社ユーレックス
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-6-4
日新ビル3階

© 1981-2017
All Rights Reserved.